• 20210406_遊覧船掲載ポスター
気軽に、話せる、人がいる。
右下💭から直接代表にメッセージ!
毎週火曜・金曜の17時までにブログを更新
あなたのお悩みに向き合います。
Concept

契約書や経営上大事なこと、相談できる人はいますか?

 わが国では、契約の成立は、契約の内容を示してその締結を申し入れる意思表示に対して、相手方が承諾をしたときに成立します。つまり、遺言書や保証契約などを除いて、原則として契約書はなくても契約は成立します。

 しかし、契約書を取り交わさないことによって、トラブルに巻き込まれた方も少なくないと思います。特に、事業を営んでいる方で、フリーランスや中小企業の経営者の方は、一回はご経験があると思います。

 そのようなトラブルを防ぐためには、何よりも証拠をそろえる必要があります。そのために、書面に事実を落とし込むのです。そして後日、その書面を見た人が「このような事実があったね。」と確信を持てるようにする必要があります。契約書は、そのための手段という側面があることを認識するとよいと思います。

 また、契約書以外にも、NDA・議事録・中間合意書など、本契約書に至るまでの経緯も書面に落とし込むことで、より証拠の信ぴょう性を強めることができます。

 事業経営上、欠かすことのできない書面の作成は、専門家に相談したり一任することを強くお勧めします。例えば、弁護士や行政書士です。

 信長行政書士事務所では、消費生活専門相談員の知見を活かしてBtoCの契約書を、また、金融機関での内部管理部門を活かしてBtoBの契約書を作成することができます。

 また、契約書以外にも、言った言わないを防ぐために議事録を作成したり、交渉前の段階で秘密情報を守るためのNDAなども作成いたします。

 トラブルが起こってからは、原則として、弁護士に相談する以外に手段はありませんが、トラブルが起きる前にはその分野に長けている専門家に相談することは、経営上必要な判断です。

 当事務所では、ひながた契約書では不安という方に、特にお役に立てることでしょう。個別具体的な事情を考慮して、知見を最大限に活かしてオーダーメイドの契約書を作成いたします。

 ひな形契約書をお求めの場合にも対応することができますが、そもそもひな形契約書はインターネット上販売していたりしますし、個別具体的な事情に対応することが難しいですから、おすすめはいたしません。

 事業活動を行っている方で、そのような点を考慮する方は、ぜひ一度ご相談ください。

 さらに、事業活動が拡大化してきて、社内の規程や体制を整備する必要が出てきた場合にも、対応することが可能です。

 信義則に従い、長くご相談者様と共に、事業活動のお手伝いができれば幸いでございます。
STAFF
20210411_矢川駅ポスター用写真-1-e1619156508547

枠や先入観にとらわれない親しみやすさ

相談するときには、「話をしっかり聞いてもらえるか」「自分は変なことや当たり前のことを聞いてるのではないか」と不安になってしまうことがあります。当事務所では、枠や先入観にとらわれず、ご相談者様のお話を事実として正確に受け止めます。なぜなら、どのような状況でも、ご相談者様が感じたことや考えていることが前提とならなければ、納得のいく結論にはならないからです。受け止めて一緒に考えたのち、それが間違っていなければ一歩ずつ進めばいいし、もし間違っていたならばそのときに次の方法を考えることが、一番正確な道の進み方だと当事務所は考えます。目的を達成するためにあらゆる方法を考え、ご相談者様が正しく次の一歩を踏み出せるようにお手伝いいたします。

先生の選び方
行政書士とは
  • 行政書士について

    厚生労働省「職業情報提供サイト」のページをご覧いただくと、詳しく紹介されています。

    詳しくは、こちらをご覧ください。厚生労働省のホームページに飛びます。

    ※行政書士は訴訟などの紛争、登記などは取扱うことはできません。何を取り扱っているかにつきましては、お気軽にお問い合わせください。

  • 行政書士の業務について

    日本行政書士会連合会「行政書士の業務Q&A」のページをご覧いただくと、行政書士の業務に関する質問とその回答が詳しく説明されています。詳しくはこちらをご覧ください。日本行政書士会連合会のホームページに飛びます。

    ※2021年8月11日に日本行政書士会連合会から許可を得ています。

Q&A
  • 法律などの相談といえば弁護士だと思いますが,行政書士と弁護士の違いはなんですか?また,御事務所の行政書士に相談するメリットは何ですか?

    ご認識のとおり,法律の相談といえば弁護士が最も適しています。行政書士と弁護士の違いについて,法律上,行政書士はトラブルを決して取り扱わない点で違いがあります。そして,当事務所の行政書士は何ができるのかというと,トラブルに至るまでの予防ができるというのが,最大のメリットです。例えば,重要な契約を結ぶ前に一度ご相談いただいたり,開業後にトラブルにならないように開業前から事案を検討し,トラブルを法的視点も交えて未然に防ぐなどです。このメリットは,ご相談が早ければ早いほど効果があります

  • 画面右下にあるチャット機能はどのように使いますか?

    チャット機能は、💭をクリックしていただいたらすぐにメッセージを送ることができます。

    詳しくはこちらをご覧ください。

事務所概要

平日はもちろん、土曜日、日曜日、祝日も対応いたします。

概要

事務所名 信長行政書士事務所
住所 〒214-0036
神奈川県川崎市多摩区南生田6-1-6-203
電話番号

080-6997-4805

080-6997-4805

営業時間 9:00 〜 20:00

主な契約実績

・第一種金融商品取引業者
・第二種資金移動業者
・暗号資産交換業者

・デジタルプラットフォーム運営事業者

・通信販売業者

・電気通信事業者(東証一部上場)

アクセス

相談者様によって置かれている状況は異なるからこそ、川崎市に根差す行政書士として、一人ひとりに寄り添った温かな対応を心掛けております。平日はもちろんのこと、土曜日、日曜日、祝日も対応しています。また、安心してお越しになれるよう事務所前にコインパーキングがある場所に拠点を構え、ご相談をお待ちしております。もちろん,往訪,オンライン等にも対応しています。

※お急ぎの方は上記営業時間以外であっても、ひとまずお電話ください。

Menu

行政書士は約10,000種類の書類を作成することができるとされています

下記以外でも、まずはご相談いただければ対応可能かも含めてお話させていただきます

口頭相談(電話,面談等を含む。)※初回30分無料

1,000円/10分

口頭相談(出張の場合)※初回30分無料

1,500円/10分

書面相談※初回から3通無料

1,000円/1通

契約書作成

30,000円 ~80,000円/1通