Concept

特設ページ

落語家と行政書士の活動について

川崎市にある信長行政書士事務所の特設ページです。このページでは、落語と法教育の融合の取り組みをご紹介しています。川崎市を拠点に活動する落語家と行政書士が行う取り組みについて、その活動状況をお伝えしたり、提案や感触をお知らせします。

行政書士の可能性について

現代日本は、教育改革に取り組んでいます。しかし、国が主体となる以上、それは体系的なものとなるため、機動性や柔軟性に一定の制約がかかってしまうことは否めません。そこで教育改革の一環として、国は、外部の専門家や地域との関係がある方との連携を図る必要性があるとして、改訂学習指導要領でも強調しています。行政書士は、行政に関する手続の円滑な実施に寄与するとともに国民の利便に資し、もって国民の権利利益の実現に資することを目的としています。したがって、いわゆる教育行政に携わることも、行政書士の目的の範囲内だと考えています。また、独立している行政書士だからこそ国が定める体系にとらわれすぎずに活動できることによって、大きな負担を抱えている教職員の負担の一部を行政手続の専門家として担うことも可能であると考えています。

落語の共感性に可能性を感じて

学校に行けない子どもたちが通う居場所はどこでしょうか。これについて触れた学者の論文によると、子どもたちにとって「行きたいときに行ける」、「言いたいことが言える」気楽な場所であると述べられています。ところで、みなさんは寄席についてご存知でしょうか。寄席は毎日開かれており、落語や曲芸などが演じられる場所です。「行きたいときに行け」、ときには「待ってました」などと言える、なんとなく不思議な空間です。また、落語の噺を聞くと面白おかしくありますが、その中にふと「失敗に固執しすぎない」雰囲気が垣間見えるときがあります。現代ではインターネットが、子どもたちが通う場所として挙げられますが、学校に行けない子どもたちや居場所を探している子どもたち、あるいは学校には行っているけれど違和感を感じている子どもたちが落語に触れることで、「こんな雰囲気もあるんだな」という気付きになればと考えています。また、そのような可能性を秘めていると感じています。

契約書を作成するなら信長行政書士事務所の行政書士へ

自分の事業に合った契約書を作成したいけど、時間もないし面倒くさい・・・。そのような場合には、ぜひ川崎市にある信長行政書士事務所の行政書士へご相談ください。契約書は、当事者の合意を書面上に明らかにするといった目的があり、正確に書面に落とし込むことによって、リスクを軽減させることができます。このとき、無料のテンプレートを使用すると、合意していない文言が入っていたことにより、あらぬトラブルを引き起こしてしまうなどという事態も生じてしまう場合があります。そのような事態を未然に防ぐためにも、契約書の作成は専門家にご相談されるのが望ましいです。川崎市にある信長行政書士事務所の行政書士は、消費生活専門相談員として登録をしており、消費者契約法その他消費者関連法を得意としています。

フリーランスの方で契約書の作成を依頼したい方もぜひ

フリーランスの方にとって、契約書の作成は極めて重要です。特に、企業と契約をする際に、契約書を作成しないことによるトラブルが多発していることを受け、日本においてはフリーランスの方と契約をする場合には、契約書を作成することを義務付けるといった動きも見られ始めています。ただし、契約書は、あればよいというものではありません。契約書の内容は当事者が合意したことを書面上に明らかにする必要があり、無料のテンプレートを使用することは、合意をしていない事項が入っていることによって、トラブルの元となることもあります。特に今後、契約書の作成が義務付けられた場合においては、契約書の作成をご相談されるのが望ましいと思います。川崎市にある信長行政書士事務所の行政書士は、フリーランスの方からのご相談もお待ちしております。